無料ブログはココログ

« 最高と思ったバリ人 | トップページ | 窃盗に対しては »

2012年10月23日 (火)

言葉について

   

    互いに責め合っているから、文化が生まれない、京言葉は優雅である、大阪弁は商売のためで、忙しいから簡略化されているが文化の根源たるユ-モァがある。
    もしこの言葉を明治政府が取り上げていると多分第二次世界大戦は起こらなかったのである。
    朝ドラの梅ちゃんとカ-ネションと較べてみると、良く分かる。大阪の人は関東で住むのは嫌がるのである。
    私が関東でヨ-ガの先生をしていた時に、「先生何を着てヨ-ガしたら良いですか?」と聞くので、馬鹿な質問するなと思ったので「すっぽんぽんでも結構だというと」あの先生は不真面目であると非難された、全くユ-モァがないのだ。
    しかし関西人は誠に賢明である、絶対に関東に来ても、田舎者以外は言葉を換える事はない、これは誇りである。

« 最高と思ったバリ人 | トップページ | 窃盗に対しては »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/47554402

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉について:

« 最高と思ったバリ人 | トップページ | 窃盗に対しては »