無料ブログはココログ

« ストレスに耐えるために | トップページ | 食べ物 »

2012年9月13日 (木)

尖閣諸島の問題

 

    サンケイ新聞の正論に書いてあったが、自衛隊の活動を頼りにする様な事が書いてあるが、アメリカに依存し、間違って、修正出来ない憲法に束縛された自衛隊は、張り子の虎である。
    中国は日本の張り子の虎が出で来ると、余計に馬鹿にする、交戦件のない、自衛隊(紛い軍隊)何の役にも立たない、人命援助、支援がやっとである。
   
    本当の軍隊
    軍隊とは、徴兵制度を敷き、戦争の準備をして、世界を均衡させ、平和の方法を模索するのだ。
    日本はアメリカと対等の立場に立つとよいのだ。戦争に負けたからと言って、卑屈になることもないのだ。
    日本が戦争の姿勢を見せると、中国も他の国を恫喝することもない。日本が軍備を持つということは、世界に大きい影響があるのだ。
    日本とっても、大変な得がある、この頃の若者だらし無いことは限りないのだ。軍隊で訓練をするとよいのだ、訓練には座禅を修行させたらよいのである、座禅は主教ではない。今までの前例から見ても、座禅が戦争に役立った例は、北条時宗と無学祖元、徳川家康と天海僧正 、武田信玄は快川和尚、吉田故総理と山本玄峯老師と禅と政治は結びついているのだ。
   
    恩恵
    日本が如何に戦後経済的な援助しか事したことを、また、日本の軍隊が、蒋介石軍を放逐するために戦車を使って応援したことを、思い出してほしいものである、新聞もこの事実を書くべきである。
    全く恩知らずは、獣にも劣る連中である。日本のように領土の少ない国の領地を取り上げるのは鬼畜にも劣る連中である。尖閣諸島の問題

« ストレスに耐えるために | トップページ | 食べ物 »

政治」カテゴリの記事

コメント

The topic starter have a unique vision~~~ the level can not be reached by each average person ~~ envy~~and appreciate ~~~lol~

It comments, there are you and it tries hard further and shortly.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/47055243

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島の問題:

« ストレスに耐えるために | トップページ | 食べ物 »