無料ブログはココログ

« 魂と右脳 | トップページ | 魂と右脳 »

2012年7月17日 (火)

尖閣島の問題

尖閣島の問題、全く党同士が争いをして、足を引っ張りあいしているのだ、政府が買うとか石原が買うとか、功名争いだ。
今の政治家は、正論がないから、正しい道を進めないのだ、相手の国の立場でものを思考する必要があるのだ。
彼等は日本をなめ切っているのだ、この原因は、日本の憲法にあるのだ、この憲法があるので、他の国は、特に中国や北朝鮮は日本を馬鹿にいる、日本国は絶対に、戦いをしない、臆病な国であると思っているのだ。彼等は正統でないヤクザの論理である。
政治家がだらしないから、軍備がないと対等の立場に、立つことが出来ないのだ。政治家も尖閣島問題でも、又石橋総理のような、素晴らしい指導者がいると、正統な交渉が出来るが、今の腰抜け政治家では到底駄目である。
まずこの憲法を放棄せよ、憲法がなくても別に支障はないのだ、まず、徴兵正義を敷け、軍備を充実せよ、今はアメリカの属国であるから、馬鹿にされるのだ。
日本人を猿のように殺したアメリカにも馬鹿にされているのだ、マスコミも正論がないから、正しいことを書くことが出来なのだ。日本もアメリカが原爆を持っている限り日本も持つと宣告すべきである。自分の国だけ原爆を持っていて、平気な顔で、他国には持たさない様にするのだ、誠に厚顔である。まず『隗より始めより』初めよである。
正論を言う国は絶対に勝つのだ、この断固とした姿勢で対すると、北方四島やその他の問題も絶対に解決するのである。
私はここで書くだけではない、着々とこの方向に向かっているのだ、これをするためには私と、有力な説得力のある政治家が必要である、有力な政治家やマスコミの協力が必要であるが、アホのマスコミだけでは時間がかかるのである、待つだけでは、も駄目であることが理解できたので、今や政治家を引っ張り出す手配しているのだ。皆さんも協力ください、よろしくお願いします。

« 魂と右脳 | トップページ | 魂と右脳 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/46352965

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣島の問題:

« 魂と右脳 | トップページ | 魂と右脳 »