無料ブログはココログ

« 貞操観念とは | トップページ | 貞操観念の思想 »

2012年7月30日 (月)

日本創新党に送った、忠告文

太田、中田先生、全然返事がこない、橋下先生は直ぐに返事が来るが如何なっていますか、チリメンジャコを相手にしていますと、今は気分が良くても、どつぼにはまりますよ。
諸氏が今選択されるは、正論以外はありません、小生と会うこれが正論です、橋下先生は返事あるので正論を送っています。
良薬は口に苦し。
日本創新党のホ-ムペ-ジを見ましたが、尖閣諸島問題問題が、都が買い取ることになりましたと、喜んでいるとは、箸にも棒には関わりません。
大道は別にあります、根本的な問題は、中国、ロシヤ、北朝鮮は日本を馬鹿にしているそれが原因です。
石橋総理のような立派な人がいますと、ハリスと交渉した岩瀬忠震と言う外交能力の人がいますと、別ですが、今の日本では到底望むべきないのです。そうすれば如何すれば、良いか、軽蔑の原因を知ることです。
この事は、アメリカの傘下にいることである、真の独立国になるために、安保を止める、そして憲法修正するのではなく、破棄します。
憲法はあってないようなものである、別に憲法なんか必要ないのだ、そして徴兵制度を敷き、最強の軍隊を作るのです。
アメリカが持っているなら、日本も持ったら良いのです。
兵隊の訓練が問題である、禅を修行さすと良い、禅の修行者は、絶対に間違ったことはしない、過去の例を、見れば分かるのです。
北条時宗と無学祖元、武田信玄は快川和尚、徳川家康と天海僧正、吉田故総理と山本玄峯老師です。
最強の軍隊が出来る、この様な組織を持ったら、イラク戦争のときに、ブッシュがアメリカの戦車に日本の旗を上げさせてくれと頼んだように、世界は日本は戦争には絶対に強いことを知っていますから、4島問題なんか直ぐに解決するのだ、この論法は誇大妄想の様に思いますが、今までのようにチョコマカしていては、絶対に日本を幸福にすることは出来ないのです。
それ以前にやらなければいけない問題がありますが、私が参謀になったら絶対に成功するのです。勿論他の手もうっていますが、ソロソロ、井戸から完全に出たら如何、人間は思い上がったら終いです。
衆愚を間違って道に誘う恐れがある、今までの政治家がやってきた道だ、正論を得るために小生に教えてもらうか、禅の老師に習うか、自分で参禅するなら、完全な指導者になるか、小生を背後にすえることだ、それが嫌なら、政治は止めるべきです。       合掌

« 貞操観念とは | トップページ | 貞操観念の思想 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/46512388

この記事へのトラックバック一覧です: 日本創新党に送った、忠告文:

« 貞操観念とは | トップページ | 貞操観念の思想 »