無料ブログはココログ

« 喘息の治療法 | トップページ | ガンについて »

2012年7月 5日 (木)

男の使命

戦前のことであるが、捕鯨する時に、効率を上げるために、メスを打つ、そうする、雄何とかメスを助けようとしてその周りをめぐって、去ることはない。
オスを先に打つとメスはさっさと逃げてしまう、これはやはり種族保存の本能で致し方がないが、人間でも女房が死ぬと大抵は1年後には男が死ぬ、死なないのは、神経がいかれているか、修行した人である。
その上濡れ落ち葉とか言われ、定年退職すると妻と一緒に旅行でもしょうと思っていくと、退職金目当てに離婚を申し込まれ、誠に哀れである。
その上昼の食事は、亭主は節約して食事して、女房の方は銀行振り込みであるから自分が稼いだ給与と錯覚して、ノウノウと高い、うまいもの食べている奴がいる。亭主に対する感謝の念はこれっぽちもない。これで豚のように太らないと不思議である。
然しこれは一部の人の事であるが、然し最近の風潮である。性欲は旺盛で平気で平気で不倫するし、売春するまでするのである。

性的な相違
生来女は陰であり男は陽である。真の同権とは男にハンディキャップを与えることである。
だから真の男女同権を願うなら、男女共学は止めなければいけない、このくらいの年頃では女の成長が大変に早いので、男が女に支配されてしまう、それで潜在意識に埋め込まれるから、何時までも男は女に支配されてしまう。アヒルの刷り込みと同じである。
女は家庭に帰れ、そうしないと国が滅ぶ、『雌鳥時を告げ、国滅ぶ』。

« 喘息の治療法 | トップページ | ガンについて »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/46198107

この記事へのトラックバック一覧です: 男の使命:

« 喘息の治療法 | トップページ | ガンについて »