無料ブログはココログ

« 算術の医者 | トップページ | 悪業の医者 »

2012年6月25日 (月)

政党批判

政治家と言う放蕩息子に金を渡すな、益々無駄遣いが高じるのである。だから、 放蕩息子に幾ら金を渡しても、無駄遣いするだけである。私は増税には賛成であるが、しかし使い方が問題である。馬鹿政治家に渡すと、社会福祉や自答年金と訳の分からないもので消えていく、この事は彼等には左脳(読み書きソロバン)と自己と政党のこと以外はないのである、日本の国家という視点からは見ることはないのだ。
無駄遣いは簡単、難しいのは節約である、これは一番大切な問題である。節約を覚えたどら息子は必ず立ち直るが、それが出来ないのは何時までも 同じである。政党はどら息子とを同じである、このようなのに限って悪知恵を働かして、国民を騙して税金を取ろうとするのである。
こういう政党を支持している。国民は本当に不幸である、もし本当に予算を建て直すなら、節税研究会を使ってやるべきである。
国家は家族と一緒である、だからそれを当てはめると、絶対にどら息子に金を渡さないのが正論である。

« 算術の医者 | トップページ | 悪業の医者 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/45846082

この記事へのトラックバック一覧です: 政党批判:

« 算術の医者 | トップページ | 悪業の医者 »