無料ブログはココログ

« ハリの効き目 | トップページ | 犯罪者の人権 »

2012年5月21日 (月)

憲法問題と

男性も女性も間違った教育を受けた、人種が、憲法を作るのが間違いの日本人にはそもそも西洋文明に憧れるという馬鹿な性質があるのだ。憲法が出来ると、それが新しい文化が出来たと喜び自分の文化を破壊している、今日本にもっとも必要なことは,禅の修行以外にないのだ。
今後義務教育を止めて、昔の寺子屋や薩摩の郷中の制度を研究して、再採用すべきである、今はもっとも温故知新の必要な事態である。
特に郷中生徒は素晴しい、(西郷隆盛、大久保利通、その他英才)を排出したのである。
憲法なんか必要ない、これは国民を統一して、戦争するだけだ、だから憲法第9条が必要なんだ。国民が自己判断を失う、原因だ。

温故知新
今は以前のように地方分権が必要であるし、標準語も大変に文化に影響しているのだ、京都弁は文化の言葉であるし、大阪弁は商売や外交の文化である。
馬鹿国アメリカの真似をするより、優れた江戸文化を見習うべきである、江戸文化は素晴しいものである、教育が間違っているので、女が江戸文化に憧れ、男が恐竜に憧れるのである、全く男性の方が幼稚ポイである。

« ハリの効き目 | トップページ | 犯罪者の人権 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/45342421

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法問題と:

« ハリの効き目 | トップページ | 犯罪者の人権 »