無料ブログはココログ

« | トップページ | 正しい裁判 »

2012年5月 4日 (金)

犯罪者の処理

麻薬
そして麻薬である、これは持ち込んだものは死刑にすべきである、なぜなら多数の人に間接的な殺人を行っている、誠に酷い犯罪である。
犯罪者の人権を守ると言う擬弁護士がいるが、犯罪者は罪を犯した人権を放棄しているのである。

犯罪者の処置
犯罪者には絶えず選択と言う権利を持っているのだ。罪を犯すか、犯さなかったかということである。犯罪者は罪を犯すことによって、反社会的で、人権を放棄したのである。
しかし憲法は全ての人権を大切であることを言っているが、説明が不十分である。刑務所に入った、犯罪者は気楽な生活が送れるのである、昔のように彼等は恥も平気である。
金がなくなると、軽い犯罪を置かして、刑務所に入るのもいる、それほど犯罪者の人権が大切であるなら、刑務所に閉じ込める事なんか止めてしまったらよいのである。
そういうのには体罰が必要である、体罰は誠に自己を覚醒さす、一瞬で終わるので、犯罪者にも却って、喜ばれるのだ。決して野蛮ではない、それなら禅の警策も野蛮ということになる。
昔は刑務所からで出来た人は、米粒に筆で字を書いたりしたのであるが、今と出来ない、刑務所の訓練が変わったのかも知れないのだ、刑罰がもっとも厳しいのは独房である。
刑務所は独房のあるべきである、そこで禅を修行さすと、真人間はなるのは間違いがなく、又刑務所に入るは嫌がるのだ

« | トップページ | 正しい裁判 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/45126352

この記事へのトラックバック一覧です: 犯罪者の処理:

« | トップページ | 正しい裁判 »