無料ブログはココログ

« 南州翁遺訓 | トップページ | 医者の不備 »

2012年4月 5日 (木)

日本の改革

民主主義の弊害
西洋の真似
岩倉具視等の阿呆が、ヨ-ロッパを視察して、左脳(読み書きソロバン)頭で物事を推理して、温故知新の考えなく、魂と右脳を失った連中が、軽率にも単なに表面の形式に惑わされ、日本の伝統を放棄して、日本を次第に崩壊の道を辿らせたのである。
今になって、温故知新で地方分権を唱えているが、しかしまだ最も根本的には間違っているところには、気づいていないのである。
今の選挙や議会制度取っている限り、日本は変えることは出来ないのだ、抜本的な改革が必要である。杓子定規なことでは、改革は出来ないのだ。革命ということは大変なことである。

農耕民族と狩猟民族
そもそも日本は農耕民族で、狩猟民族ではないのだ、狩猟民族は、ここなる行動でも良いのであるが、農耕民族で統括する人物がいるのだ、民衆は優れた統括している人物によって行われるのである。
日本では、選挙制度や議会政治は向かないのである、以前から見て、優れた統率者の思想が民衆を支配しているのだ、織田信長の時代には、織田信長の思想が流れ、彼を制御しているのは、禅僧(氏名不詳)である。
武田信玄は快川和尚、徳川家康は天海僧正、吉田総理には山本玄峯老師、時代により、この図式は変革かして、悪い方向に行くのだ。
今の阿呆の代議士は、何の方向性も指針もない、放浪の旅である、彼らは餓鬼と修羅界に存在の人物である。

選挙制度
    選挙制度とは、全く幼稚な方法で、学級の一クラスの級長を選ぶ方法である、それを大衆に当てはめ、どこの馬の骨か分からないという弊害を招いた、握手するだけで、その立候補者を選挙するいう、愚者がでるのだ。
    雄弁で、口達者で尻の軽い、軽率で責任をとらない連中が金儲けのために殺到する。彼らは高邁な思想は無いし、魂と右脳がなく、読み書きソロバンだけである。
    単に全て金銭感覚で政治が運営される世になる。民主主義の国家であるアメリカは戦争がなくなり、平和になると軍需産業が成り立たないと、ケネディを暗殺したのである。
    この様な野蛮国の真似をして又、金々の国を追随しているのである。そしてアメリカは世界の指導者として君臨し、世界にバイキンを撒いているのである。
   
選挙制度の中止
    この方法はベストであるが、今しばらく、はさて置くとして、先ず、立候補者の選択である、一番大切なことは政治の勉強をしているか?
    政治の勉強というのは、禅を修行する以外はないのだ、古来から、北条時宗、武田信玄、徳川家康、戦後は吉田・佐藤・中曽根総理、である。
    禅の修行をしていない代議士は、大なり小なり、無害か、又は池田の無理な、経済政策、岸の安保、福田の年金とその他やったことは五十年後に彼らの失政は影響があった。
   
立候補者の選択
    一番の大切なことは、慈悲の心である、以前この事は決まっているのだ、武田信玄の『人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり』
    これは政治の信条である、アメリカの人『民の為の、人民の、人民による政治』、この言葉は頭のないヘビである。
    武田信玄や徳川家康の様な政治家を探すべきである。日本を治める明主は、一人を中心として十人位で良いのだ。
   
選択方法
    日本には誠に優れた選択の方法がある。この方法は誠に適切であるが、今の時代にそのような人物がいるかということである。
    その方は臨済宗の中興の祖と言われた、白隠禅師の公案である、この公案が解ける人物は間違いなく、政治家として適正である。
    今の時代のように、間違った学問に、毒されている東大でとかの連中には到底無理である、十二才までの間違った学問に毒されていない神童であると間違いなく解くのである。これは素直であり、あるがままにいきているからである。
   
  探す
    橋本氏の維新の会には三千人も将来の立候補者が、集まっている。この中に一人や二人いるかもしれないし、また、大学の中には、勉強していないで神童で残っている人はある可能性がある、一部の官僚が金と太鼓で探したら良いのである。公案を解いた、資格のある人物だけを立候補させたら良い、将来は船頭多すぎて、山に乗り上げる様な今の議会制度は止めて、温故知新で最も平和である時代の政治を参考にして、制度を作ると良いのだ、江戸時代には、沢山の賢者がいたのである。
   
議会制度
    頭のないヘビがのたうち回っているだけである、その上、正しい事が何であるかが分かっていないから、羅針盤のない舟である。
    今の代議士は『井の蛙、大海を知らずで』あるから、正しいこと、また進歩だけを目指すことだけを考えるのだけでは、耐える政策や直感力に依る、又は、十年の大計は思い付かないのだ。
    自己の仏(本能の一部)がないから、昆虫のように、津波の高さを推理することは出来ない、昆虫は水の来る高さには絶対に卵と産まないのである。
    自己の仏ある禅僧の指導を受けることもないのである、アホ頭でものを思考するからメタメタの政治が行われるのである。

« 南州翁遺訓 | トップページ | 医者の不備 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/44757427

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の改革:

« 南州翁遺訓 | トップページ | 医者の不備 »