無料ブログはココログ

« 迷える小羊 | トップページ | 放射能の実験 »

2012年3月30日 (金)

お釈迦様

仏陀の本質
仏陀は別に優れたものはではない、古代の人においては、全てが仏陀で、10才以下の子供も仏陀で、動物も同じです。
何故、神童が只の人になるかといいますと、今の義務教育のためで、日教組の教育は日本をメタメタにしたのです。
今の学問はすれば、するほど、人は駄目になります。それにもかかわらず、未だに、より学習の量を増やしています。
この行為は自己が何をして良いか、理解できませんので、保身のために子供に責任を押しつけているのです、この様な行為は、日本は益々駄目にするのです。
人間は魂(本能)右脳と左脳で成り立っている、人だけは学問を押しつけられた結果、記憶ばかりしていますので、人間の字引が出来上がりました。
この人の字引は判断ができなくて、左脳だけで役に立たない人間ができた、左脳は商売のための『読み書きソロバン』が上手ということです。
小生はヨ-ガの瞑想二十五年、しかしお釈迦様と同じく、ヨ-ガでは解脱が出来ませんと、お釈迦様の禅の世界に入り、故梅城老師に仕え、開眼しました。
その後、十年の修行の結果、独自で草案した瞑想法で大悟に達し、最も苦労したのは、政府の義務教育を受けたためです、学問のトラウマから脱することが修行でした。
今の政治家を見てください、彼らに正道はなく、彼らにあるのは『読み書きソロバンと保身術』です。
政治家は餓鬼の世界にいるのです、又、正道が理解できませんので、こちらがあちらが、正しい正しくありませんと、ケンカし、修羅界に入っています。この様な政治をやっている今の日本です。
国民の世界は地獄になりメタメタです。鳩時計のぽっぽの音が消え、谷餓鬼の世界を脱したときに日本に平和が来るのです。
日本よい国構想研究会が維新の会と結びつき、大衆の迎合を受けて日本は変わるのです。
小生は、懸命にバックアップしています。

« 迷える小羊 | トップページ | 放射能の実験 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/44684021

この記事へのトラックバック一覧です: お釈迦様:

« 迷える小羊 | トップページ | 放射能の実験 »