無料ブログはココログ

« 魂の指示 | トップページ | 政治理論 »

2011年12月21日 (水)

正論

大衆は正論を求めている
日本の若者は正しい政治を求めて、歴史物が良く売れている、彼らは正しい政治を歴史の中に求めて、右往左往している。
日本の若者も次第に目が覚めてきた。ビスマルクは言う、『賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ』歴史に学ぶことのない、日本の政治家は典型的な愚者だ。
しかしこの歴史過去のことを言っているのではない、歴史から推論して未来を予知することである。

日本のマスコミ
歴史のなかに、正しい政治があり、それを求める若者の方向には、間違っていない特に政治の正論の武田信玄と禅僧、快川和尚の『人は石垣、人は城、人は堀。情けは味方、仇は敵なり』という正しい政治を間違いなく表した格言だ。
『思い上がった歴史のないアメリカ人に、この事を教えてないと間違った『人民の為の』と繰り返す。
金々の野卑な国が、日本を指導して貰ったら困るのだ、日本人は目覚めるべきである。

« 魂の指示 | トップページ | 政治理論 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/43453298

この記事へのトラックバック一覧です: 正論:

« 魂の指示 | トップページ | 政治理論 »