無料ブログはココログ

« 百年の大計 | トップページ | 左脳 »

2011年12月15日 (木)

戦争

戦争
例2 戦争
左脳だけの戦いで、日本を滅ぼした前例は、第二次世界大戦だ、ミッドウエイの海戦だが、日本の指揮官は、先にアメリカの艦隊を先に見つけ、有利な立場に立ったが、雷撃機にするか、戦闘機にするか指揮官は迷い、頭の中の百科辞典を引いている間に、アメリカの先制攻撃で負けた。
頭の中に百科辞典があるから、指揮官は自己判断ができない無能者だ。日本の敗北は物量よる物ではない。魂と右脳の問題で、指揮者が、また、自己放棄と実践的経験がなかったのである。

例3
蒙古襲来を見ろ。師匠の無学祖元によって、禅で鍛え上げた『魂と右脳』の北条時宗は迷わずに蒙古を攻撃して勝利した。昔の武将は勝つために魂と右脳の修行をしたのである。
勝つという本能が無くして戦っても負けるだけだ、陸大や海兵は孫子の兵法も勉強していないのか、第二次世界大戦の間でも、孫子の兵法に反することばかりやっているののである。
近代戦争では孫子の兵法は役にたたないと思っていた節があるのだ。

« 百年の大計 | トップページ | 左脳 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/43382412

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争:

« 百年の大計 | トップページ | 左脳 »