無料ブログはココログ

« 真の政治 | トップページ | 役に立たない選挙 »

2011年12月26日 (月)

選挙制度

選挙制度
今の選挙制度で代議士を選出している限りにおいては、国民は幸福になることはない、国民の希望している立候補者と真の立候補者とは全く違うのである。
選挙制度と言うものは、学校の組長を選ぶために、互いが周知している時に行うもので、相手の人物の価値も分かっているから、間違いのない選挙が出来る。

農耕民族
農耕民族は集団で行動するのだ、一人の絶対的な指導者が必要だ。狩猟民族はここの事実が必要である。
今川義元が殺されると、全軍が壊滅するということは、全軍が指導者を頼りにしているということである。
織田信長、武田信玄、徳川家康という、優れた指導者がいた、彼等は禅僧に師事し、織田信長も名前は忘れたが、やはり禅僧に師事していた。
快川和尚『心頭滅却すれば、火も又涼しい』と言った有名な禅僧で、徳川家康は天海僧正に師事した。
現代では、吉田総理は、山本玄峯老師、中曽根総理と宗円老師、その他佐藤総理、石橋総理は厳しい法華経の修行である。
このように禅と政治は一致しているのだ、禅の修行していない人間は、政治をすべきではない、しかし、修行していなくても、魂(本能)と右脳が発達している人もいるのだ。
また後援者に禅僧や禅の修行をした人の指示に従うべきである。
今は全てが試験制度が多いのに、立候補者の選挙だけで、テストがないのは誠に可笑しいことである。
彼等にあるのは、地盤と看板と金である、こういうのが選挙に出るので誠に日本は破滅一歩手前である。

« 真の政治 | トップページ | 役に立たない選挙 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/43512335

この記事へのトラックバック一覧です: 選挙制度:

« 真の政治 | トップページ | 役に立たない選挙 »