無料ブログはココログ

« | トップページ | 真の政治 »

2011年7月 5日 (火)

昔の政治家

昔の政治家は一国を治める人物である、例えば、北条時宗と無学祖元、武田信玄と快川和尚、徳川家康と天海僧正、 此れは一国を治めるためには、禅が必要欠くべからざるものであることを知っていたからである。
その為に自分も禅をやり、背後に禅僧がいたのである、特に戦後の吉田総理と山本玄峯老師である。
天皇象徴することや、終戦の勅語のなかの名文は『耐え難きを耐え、忍び難きを忍ぶ』と言う言葉は、山本玄峯老師の言葉である。また元中曽根総理と宋円老師の関係である。故佐藤総理も禅の修行をしていた。
政治は禅の修行によって成り立つのである、戦国時代も勝利者の大半は禅の修行した、大名である。直江兼継のように負けても立ち直っているのである。
しかし秀吉は禅に関係がなく、思いつきであったので、最後には失敗した、淀君と秀頼はもっとヒドイのだ。
武田勝頼も父が禅の修行をしているにもかかわらず、無関心で滅びた。この伝で行くと、日本も間違いなく滅びてアメリカの属国になるのが落ちである。
私も政治の欠点を知っているのは、宋円老師の弟子の梅城老師に師事したからである。

« | トップページ | 真の政治 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/40679917

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の政治家:

« | トップページ | 真の政治 »