無料ブログはココログ

« 鈴木勝美氏(時事通信)の講演 | トップページ | 政治制度の改革、 »

2011年6月19日 (日)

政治制度改変

菅氏は総理の座から降りろ、代議士が多いが、実際に代わって、変化があるかというと、何もない。

今の選挙制度を取っているかぎりにおいて同じことで、代議士連中には、魂(本能)と右脳も存在していない。

左脳のみで行動している、彼らの判断は常に読み書きソロバン以外は出ない、災害のときでも、慈悲の心がないので、平気で金もうけをしているがいるのである。

誠に嘆かわしい、それは根本的には、アメリカのような政治的後進国の真似をしたからである。

日本の政治は試行錯誤の上に、江戸時代に既に完成した、それをわざわざ後進国の真似をして、日本の国メタメタにした。日本は江戸時代には最も政治的先進国になっていた。

そもそも民主主義とは意味のないものです、また選挙制度は全くメタメタな制度である、どこかの馬の骨を拾って来ている様なものである。

この馬の骨は政治に対して権威者かと言うと、政治のことは全然の素人である、だから日本人はアメリカ人より、優れた頭を働かして、新しい選挙の方法を思考すべきである、簡単に言うと政治の専門家を探し出す事である。

古来より禅僧の力を借りていた、無学祖元と北条時宗、快川和尚と武田信玄、天海僧正と徳川家康、山本玄峯老師と吉田総理、必ず禅と関連しているときは、政治は必ず成功しているのである。

« 鈴木勝美氏(時事通信)の講演 | トップページ | 政治制度の改革、 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/40453500

この記事へのトラックバック一覧です: 政治制度改変:

« 鈴木勝美氏(時事通信)の講演 | トップページ | 政治制度の改革、 »