無料ブログはココログ

« 政治家と左脳 | トップページ | 政治家の左脳 »

2011年5月26日 (木)

政治家には百年の大計

百年の大計

政治というものは100年の大計のもとに施行する先のことを考えることです、しかし、後手を引いているようでは、政治としての使命を果たしていません。だ左脳だけでは到底政治はできません。

例1 

船で言いますと、羅針盤の壊れている船です、羅針盤は人間の魂と右脳です、日本の政治は、船が難破して、サルガッソにいく様に日本丸も、滅亡への道を歩みます。

例2

例 戦争

国を滅ぼした前例は第二次世界大戦です、ミッドウエイの海戦ですが、日本の指揮官は、先にアメリカの艦隊を先に見つけ有利な立場に立ちながら、雷撃機にするか、戦闘機にするかと迷い百科辞典を引いている間に、先制攻撃をされて負けました。

頭の中の百科辞典があるから、決断のできない知識(左脳)の働きです。

日本の敗北は物量よる物ではないのです。魂と右脳の問題だ、蒙古襲来を見なさい。魂と右脳のアメリカは迷わずに攻撃して勝利した。昔の武将は勝つために魂と右脳の修行をしたのです。

« 政治家と左脳 | トップページ | 政治家の左脳 »

政治」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/40135509

この記事へのトラックバック一覧です: 政治家には百年の大計:

« 政治家と左脳 | トップページ | 政治家の左脳 »