無料ブログはココログ

« 英雄待望論 | トップページ | 八百長問題 »

2011年4月 6日 (水)

自殺とは

自殺とは

種の減少防止

人間も動物も、全ての物事が、完成したときに死を恐れなくなり、年齢に係わらず、自然死を迎えるか、また他人のために人間も動物も自殺する。

特にクジラは内耳が悪くなり、方法感覚がなくなり、陸地に上がって自殺するのである。常に神の摂理である。

人口調節と病気はつながっている、人間も同じであるが、文明に対する復讐する為に鉄道自殺している。自殺を派手にやるのは、自殺して私に続けと言うことである。

ミミズは一時農薬で減ったが、農薬をやめると増えて、至る所で、コンクリ-トにあがって、日干しになって自殺している、種の保存のために彼らは自己が犠牲になっている。

« 英雄待望論 | トップページ | 八百長問題 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/39505571

この記事へのトラックバック一覧です: 自殺とは:

« 英雄待望論 | トップページ | 八百長問題 »