無料ブログはココログ

« 精密機械の人体 | トップページ | 身体の診察力 »

2011年3月10日 (木)

人間の診察力

人間の診察力

素晴らしい人間の診察の力である、まず風邪を引くと食欲がなくなる、風邪引く原因は足を痛めているので、寝て歩かないで治す。腹が減るとバランス取れるので治る。「医者は食べろという」栄養を付けるためである。風邪を引くと体温を上げるために左の鼻が詰まり、右の鼻から吸うので、右の鼻は陽であるので、体温が上がる熱が出で細菌を殺す。高血圧になると、息を沢山吐くので、排泄力がたかまり治る。まこと完全である。

小生の息子が飴を喉に詰め、呼吸が出来なくなった、小生は子ども足を逆さにして女房に背中を叩かせた、コロリと出た。もし私が医者を信じていたら、医者に駆け込み喉の手術とか、多分子どもは命を失った。小生の頭の医者が子どもを助けたのである。依頼心ほど恐ろしいものはない。医者を頼ったものはたいていが、病膏肓である。ひっくり返すと言うことは、常識であるが、人を頼りとしていると、思いつかない物である。

« 精密機械の人体 | トップページ | 身体の診察力 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/39173488

この記事へのトラックバック一覧です: 人間の診察力:

« 精密機械の人体 | トップページ | 身体の診察力 »