無料ブログはココログ

« 喘息 | トップページ | 全体食 »

2011年3月 1日 (火)

喘息や胃潰瘍の治療法と青汁

喘息や胃潰瘍の治療法

誠に簡単原因を知ると大半の人が治る、小食にして、右手を握るのをやめたら良い、喘息の人は肩を上げるのを止めることで、姿勢が変わることは、バランスが取れる。精神的に深い傷を受けている年寄りの人は禅の修行をする、間違いなく姿勢は変わるのである。

青汁

確かに高血圧の人には一時的に効く、危険と裏腹である、人間は野菜不足だけで病気になるのではない、全く正しい陰陽・虚実の理論から言うと、野菜は全て陰性であるが、野菜の中にも、虚実があり、虚のものは身体を冷し、実のものは温める作用がある、見分け方は冬に成るものは、身体を温め、夏できるものは、身体を冷やす、野菜は通じを良くするが、種類によっては、ゴ-ヤは陰性の虚である、このような原理を知らない業者が、些少とも、陰性が多いと、体温が下がって、長期的にはガンになると恐れがある。こういう危険なものには近づかない方が良いのである。

« 喘息 | トップページ | 全体食 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/39058110

この記事へのトラックバック一覧です: 喘息や胃潰瘍の治療法と青汁:

« 喘息 | トップページ | 全体食 »