無料ブログはココログ

« 自然治癒 | トップページ | 肝臓病と腎臓病 »

2011年2月 1日 (火)

肝臓病の診断

自己の診断

肝臓は無言の臓器です、だから何時の間にか進行するといっていますが、これは間違いです。簡単に見分けるのは、顔が黄色くなるということです。しかし、西式健康法では、足の親指と人指し指の間の少し上を押すと異常感があります、これはモルトン氏病といって、肝臓の悪いことを教えています、又小便の色の付いているも、肝臓が悪いのです。このような人は断食や小食にすると、目眩がします。こういう症状を中国ではメイゲンと呼んでいます。医者こういう症状が出ると、病気と間違えて治療します。この目眩の症状は、好転現象の一種です。

« 自然治癒 | トップページ | 肝臓病と腎臓病 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/38690863

この記事へのトラックバック一覧です: 肝臓病の診断:

« 自然治癒 | トップページ | 肝臓病と腎臓病 »