無料ブログはココログ

« 政治家の脳味噌 | トップページ | 釈迦の教え禅とは »

2011年1月 5日 (水)

裁判官の無能

裁判官

今の裁判官の無能なことは、検察も同じである、裁判官は最高の給与を貰っていながら、人民裁判をやっているのだ、他人の力を借りないと、仕事ができない、他人の力を借りて、真の仕事が出来ない事は誠に困ったことだ。お釈迦様もおっしゃているが、自燈明と、自力で火を燃やせということです。然るに裁判官はその行為に平気である、だから益々駄目になるのだ。

無能の原因

彼等は科学捜査に頼っているところに、間違いがある、人間のやったことは、科学では解明できないのだ、昔の裁判官は魂(本能)と右脳でやった、その為に確実に犯罪者の善悪を見つけることが出来たのである。

見つけ方

最も必要なことは、魂と右脳の働きで直感力である、直感力のない裁判官に公正な判断が出来る道理がない、犬を見なさい、一瞬で匂いを嗅いで善悪を判断する、まごまごしていると、何時殺されるのか、分からないからである。人間も同じである、顔色を見て、一瞬に判断する必要がある、誰が見ても、善人と思われる人が、引っ張られているのだ。彼等は直感力がないのだ、人間の判断は直感力がないと、的確な判断が出来ない。自己の判断が出来ないので、他人か科学捜査に依存する。

科学が万能

科学とは頼りない、人間が作ったものであるが、所詮人間に敵わないのだ、警察犬に匂いを嗅がした方が正確である。悪いことをした人間は、良心やましいので、怖がる、犬は恐怖感のある人間に対して、犬も恐怖を持つから必ず吠える。間違いなく、簡単に犯罪者を見分けることが出来るのだ。人間が白状さすなら、酒を飲ませば良い、気分がよくなって、べらべら本性を丸出しにするのだ。直感力を持つためには、禅の修行以外にないのだ。

« 政治家の脳味噌 | トップページ | 釈迦の教え禅とは »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/38342599

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判官の無能:

« 政治家の脳味噌 | トップページ | 釈迦の教え禅とは »