無料ブログはココログ

« たばこを止めて死んだ人 | トップページ | 道徳と病気 »

2010年11月 1日 (月)

日本の外交

日本の外交は下手か。

中国に脅かされたり、おだてられたり、菅さんは馬鹿にされている、中国人の人質は日本から、臆病者が、直ぐに取り返されて、今も日本の人質は北朝鮮から返還されていない、アメリカに頼んでも、体よくあしらわれただけである。

日本の国民は気の毒である、この腰抜け外交の原因を述べよう、本当の理由はアメリカに対する依頼心だ。

母親にぶら下がっている子供に外交は出来ない、一刻も早くアメリカと手を切るべきである。

お釈迦様のおっしゃる自灯明が、一番大切である、独立心のない国に、魂(本能)はないのだ

右脳は(行為)日本の政治家にあるのは、左脳(知識)だけ、左脳の働きは、読み書きソロバンの思考だけである、駆け引き以外は出来ないのだ、魂がないから相手は感銘を受けない、卑屈な笑いとお世辞の外交では、馬鹿にされるだけである。

日本は真の独立国として、徴兵制度敷き、兵に座禅を組ませて、最強の平和部隊を創れ、、真の外交が出来るのだ。

« たばこを止めて死んだ人 | トップページ | 道徳と病気 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/37481016

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の外交:

« たばこを止めて死んだ人 | トップページ | 道徳と病気 »