無料ブログはココログ

« 使用の目的 | トップページ | 観光立国 »

2010年9月28日 (火)

恍惚の人

恍惚の人(老化の原因)
第1節《真の自我を知る》
第2節〈自我を知る〉
  自我を知ることがことが最大の自然治癒力になる。人間は記憶し、経験した
ことを、しばらくの間に忘れてしまう。
  しかしこのことは記憶から完全に消え去っているのではない、その人の意識
に、必ず最後まで記憶に残り、老齢になる従って、記憶した範囲で行動するか
ら、自己本来の自分(自我)喪失して、記憶した事が、自己本来であると、錯
覚してしまうのである。
  これは禅では莫妄想という、何故これが困るかというと、過去の経験・記
憶・を正しいものと錯覚し、自己保全のために自己の行動を規制し習慣化し
て、そのものの考えから出られなくなる。これが老化の始めである。
  確かに経験・記憶・すべての知識は貴重なものであるが、しかしこのような
経験だけの狭い世界に閉じこもると、過去の知識だけで判断するから、頑固に
なり、新しい発想が出来なくなる。
 

« 使用の目的 | トップページ | 観光立国 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1409591/36964187

この記事へのトラックバック一覧です: 恍惚の人:

« 使用の目的 | トップページ | 観光立国 »