無料ブログはココログ

2019年1月14日 (月)

本の発売

  内容
  この本の内容は世界で、ただ一人病気の原因を知っている筆者が書いたものです。
  拝読されたら、小生の斬新的な発想に驚かれるでしょう。世界でこのようなことを発見したのは筆者のみです。

  体質と肉体
  この本の効果は病気を治すことではありません、不老長寿はを目的としています、体質や肉体の根本的な改善を目的としています。
  本の内容を実行する結果として、老化から起こる症状は全て消えます。

  不老長寿
  不老長寿は永遠に生きるという意味するものではありません。肉体も没するが、しかし、気力は無くなるだけで、気力がある限り人間は生存します。
  故に長寿であると言うことです。
  その人物がやるべき仕事で持っている限り気力で生きることが出来ます。

  気力
  この文の中には、一般的な通念である食事(栄養学)気力を主として解説しています。

     ◎人間は一二五才以上生きることが出来る

     ◎現代養生訓

  二月に叢文社より発売します。よろしくお願いします。

2018年11月25日 (日)

仮題

   
 

  この本の内容は世界で、ただ一人病気の原因を知っている筆者が書いたものです。                
  この本の効果は病気を治すことではない、老化を防ぐ事であります、体の根本的な改善です。
  本の内容を実行する結果として、老化から起こる症状は全て消えます。
  何故なら、小生の経験から、生まれたもので、東洋医学・西式健康法・鍼灸全ての長所を捉え真の老化も防ぐ、方法を見つけました。

  性力の減退・老眼・禿頭・白髪・耳が遠くなる症状が消えます。
   この書の一部を活用しても、若返り美人になり、宿便が取れて、体力がつく、又、スポ-ツが上手くなる。
  必読し実行する、間違いなく、健康になります。自然治癒力を活用するだけです、即ち、野生の動物が行っている生活を真似るだけです。
  小生の実体験で来年は九〇才ですが、小生の健康法の結果、車の運転・自転車・水泳をして元気溌剌です。

  仮題 一二五才以上で生きるられる。
        現代養生訓の二冊です。

  二月に叢文社より発売します。よろしくお願いします。

2018年11月 5日 (月)

美食家の日本人

                     

      美食家の日本人が主食では、最も不味い白米を食しています、しかも有毒の農薬のかかった米です。
      みなが白米を銀飯といって、戦後に食するようになりました。白米は粕である、全く、水臭く味のない食べ物である。
      美味いところは漬け物にしている、一度7分搗きを食するとその味の良さにびっくりします。
      その上体調も良くなります、ひ弱かった子供もみるみる元気になった。子供の体力の弱くなった原因は、農薬のかかった白米の為に為です。
      男性の乳房が大きくなっているのは、内蔵がめためたにっています。ので女性ホルモンを出し守っています。
      足が弱って人はコンクリ-トの上を歩いていると益々弱り寿命も短くなります。

2018年11月 2日 (金)

人間の性格形成

                     

      吐く息
      人間の性格は五つの呼吸の変化で形成できる、吐く息の強弱、弱く長く吐く息は、心を沈静し、吐く生きが激しいと体温が上がる。性格には無縁である。

      吸う呼吸
      短く弱い時は猫背になり、臆病になり、退却の姿勢である。

      右側の鼻からの呼吸は体温を上げ、闘争心が増す。
      左側の鼻からの呼吸は体温を下げ、心は沈静かする。

      この四つで行為で性格が形成される。

      正道を得るためには両方の鼻で呼吸する必要がある。政治家最も必要なものである。
      政治家は禅を修行しないと駄目である。正道歩きたい人は禅が必要不可欠である。

      全ての人間は呼吸で支配されている。

2018年11月 1日 (木)

太陽と細胞

                         

      太陽と細胞との関係は、太陽はおお親分である、気は次の親分である。
        発し気は子分の呼吸によって、気に因って生成されて、色々の性格が作られる。
        例えば、気後れ、気が進まない、気配り、そこで、色々の性格ができるのだ、それは全て呼吸の作用である。細胞は下の下の子分で、呼吸によって左右されている。

        呼吸の調整
        呼吸の調整は5っっに分かれている、長く深い呼吸、短い浅い呼吸左の鼻からの呼吸、右の鼻から呼吸、両方の鼻から吸う呼吸である。

        長く深い呼吸、心を鎮静化して、リラックスする。
        短い浅い呼吸、興奮し、闘争心が起こる。

        左の鼻からの呼吸、体を冷やす作用をする。
        右の鼻から呼吸、体を温める作用する。

         両方の鼻から吸う呼吸である。正道を得ることが出来るが、禅者の修行している人が求めている。

        残念ながら細胞は何の働きもしていないから病気が治る道理がない

いじめの原因

                     

    生徒同士の競争先生の競争のテストは必要がない、先生(只の人)が生徒( 神童)教えることだ、殆どの人が先生の教えたことは記憶していないが先輩の教えたことは記憶している。

    生徒が先生になると、いじめは絶対に起こらない。西郷隆盛が受けた教育最高だ。

    無駄な学問は止めることだ、本能(正道)と右脳(判断力)を失い、左脳(読み書きソロバン)だけになる、今の政治家が良い例だ。

2018年10月31日 (水)

骨盤の変形と気

    胃が大きくなり、宿便と合体して、約四キロ以上になる、重さが骨盤を下に引き下げて、重みで、背骨がゆがむ、気が乱れ、長年の間に胃の重量で左足を痛める。
    五十才から六十才以上である、この年齢以降は不便な生活を強いられる。

    背骨の変形と気(エネルギ-)
    腰が下がると、それに準じて、背骨が歪むと気も歪む、背骨の変形は内臓を圧迫して、万病が発症する。例えば、腎臓・肝臓・高血圧・ガンである。
    背骨のゆがむ部位で病気は、違ってくる。背骨の変形は気の流れを阻害する。

    首の骨の異常と気(エネルギ-)
    背骨のゆがんだ反作用で、首の骨もゆがみ、気が行かなくなり、老眼・禿頭・白髪等の老化が進行する、又、病気としては蓄膿・中耳炎党である。
    頭から足先まで、気が通らないので、老化する。

2018年8月29日 (水)

エァコン

    冬は人間は簡単にエァコンになることができるのだ、冬季に水風呂に五分間漬かり、服を着ると汗が出るほどぽかぽかとする。その冬は暖房することはない、人間は気候に対する順応性が高い、小生は禅で一日寒い思いをすると、一冬は大丈夫である。

    夏は厚着して一日我慢すると一夏はエァコンは、必要ない、西洋人の真似をすくから日本人の自然に従うという良さを失った。
    温故知新といこう。
                                                              合掌

2018年8月27日 (月)

現代の教育の盲点

                        
  学科の選択
  間違った学問を教えている社会に役に立たない学科は教えない事だ。物理・科学・化学等である。社会と関連性のない、判断力の邪魔になるだけである。
 
体罰。
  体罰のない上の教育者の偽善の行為である。禅の警策のないのと同じである、教育にとって、体罰は教育者の魂と信念である。
  失敗した人は後悔の念にさいなまれている、体罰を受けることで、相殺
  はされて、後悔の念はなくなる。
 
  注 リストカッタ-は原型である。
 
  道徳の無視
  道徳最高の勉強である、これほど人生で必要なものはない、特にお釈迦様の教えの教育である。
  西郷遺訓も重大な意味をもっている、いじめの一部はなくなるだらう。
 
  男女共学
  男女共学の弊害
  女性
  男女は同質ではない、全然、女性はことは男とは別の種族である、女性には公徳心なく、左脳『読み書きそろばんと保身』だけである。
  女性には男性が想像も出来ない罪を犯す、女性の公徳心は後天的なものである。
  しかし、女性の特徴は金銭感覚が優れている、家庭を守るのに向いている。
  男女共学の間違いは、男女を同等と見ているから、全く目茶である。それぞれの特徴を生かすべきである。
 
  女性の教育
  女性の教育には読み書きソロバンと保身に関したものが必要だが、彼女等が優れているのは。女性の教育に必要なものは、公徳心・出産・子供の躾け等である。今は子供のしつけができないのだ。
 
  男性
  男性は公徳心持ち、常識がある、想像力に長け、国を守り、女性を守る義務がある。
  男女同権とは後進国のアメリカの馬鹿げた思想である。
 
  男性の教育      
  男性の教育は武士道だけで良いのだ、武士道は道徳である。完全な教えの書である。
 
  注 淀君を見てご覧なさい、豊臣家を滅ぼした、トップには向いていない、日本や中国の格言に『男女7才にして同席せず』『雌鳥時を告げ、国滅ぶ』
 
  標準語の間違い
  今の標準語は、刺々しく、相手を咎める言葉が多くて、不快な言葉である。
  関西弁は優れた言葉である、特に京都弁は柔らかく咎めても相手を傷つけることはない、千年の伝統が役に立っている。
  関西の朝ドラマは面白く、関東の朝ドラマは面白くない、関西のドラマは変化(ニュアンス)に富んでいる。
 
  言葉は最も大切なものである、弘法大師は『身口意の三業(しんくいのさんごうあらゆる悪業を作る』と諭されている。
 
  身口意三業
  弘法大師は諭されているい、身口意三業あらゆる悪業を作ると、言葉は最も大切なもので、京都弁は英語に治しても柔らかいニュアンスがある。京都弁を標準語していたら、戦争は起こらなかった。
 
  教師と神童
  只の人(先生)が、神童を教えるのは筋違いだ、神童が神童が教えるべきである。
  先輩は生徒を教える為に勉強する、後輩は先輩を尊敬し、勉強に励む、一挙両得だ、生徒の先生は神童であるから、絶対に教育を間違わない。
  注、たいていの人は、先生に教えられたことは、記憶していないが、先輩から教えられたことは良く記憶している。
 
  注 薩摩の郷中を研究すべきだ。
 
  教育のゲ-ム化
  数学等は、工夫してゲ-ムでやらす、昔、生徒が作った数学の問題が、今の数学の学者に解けない、子供は神童である。
 
  禅の導入
  禅は宗教ではない、修行です。インドでは二十桁の計算をした後で、必ず瞑想する。
  生徒は瞑想が好きである、瞑想前に、実に、嬉しそうな顔をする。
 
  日本も勉強後、禅をすることだ、天才が出るに間違いがない、インドのIT産業素晴らしく発展している、日本の会社もインドの大学生を求人に行っている、今後はその必要はなくなる。
 
  細部の教育
  挨拶
  挨拶は今までの頭を下げる礼は止めて、合掌にする。合掌は人を尊敬し、頭を下げる礼は、貴方に服従すると言うことである。
  頭を下げる挨拶は相手を警戒している挨拶だ、現代では必要のない挨拶である。
 
  運動場の緑化
  緑化すると、自然に親しみ気分がおおらかになる、芝生で寝ころぶ、幸福を味わうことなる。
 
  学校も家庭も椅子の廃止
  よい点、立ったり、座ったりするので、足腰が強くなり、精神も安定する。
 
  椅子の悪い点
  歯がガタガタになり、精神が不安定になる、整歯が必要だ、足腰が弱くなる、西洋人の生活の真似をした弊害だ。もやしのような生徒が出来る。
 
  日本人には向いていない。西郷さんの堂々たる座り方は如何に精神的に安定しているが、正座は精神的に安定する最高の座り方である。
 
  洋式便所
  便秘する、その結果、十分な排泄が出来ないから、前立腺肥大になり、前立腺ガンになる。
  小生はうえに上がっているが、和式で尻を洗えるものを業者につくらしたらよいのだ。
 
  給食の廃止
  親子関係が薄くなる。給食は、農薬のかかった米を食べさせて、体力を減退し、免疫力が弱くなり、病気にかかりやすくなる。
 
  注 農薬と白米は絶対に禁止
  白米は筋肉をゆるめ、太らし、冷え性するのだ。
  パソコン
  パソコンは必ず、親指シフトを使うこと、ロ-マ字シフトであると日本の文字を忘れる、また、一太郎を使うと日本文は、出来るのが簡単になるのだ。、言葉をしゃべる速度で入力することだ出来る。
 
  就職の選択
  見習い
  三年後『読み書きソロバン』の勉強が終わると、就職の準備をする、政治家を除いて、親の仕事を継ぐのが一番だ。
  親の仕事が農業とすると、お百姓の見習いをする、漁業も同じだ、親の仕事を継ぐと、仕事の技術の積み重ねが出来くる。
  京都では、暖簾を大事にし、永続する会社や店が維持できていて、ますます良いものが出来る、丁稚奉公の効果である
  親が役人・サラリ-マンであるときは、各人が選択し、各種仕事を選択し習いに行く、観察するだけでも良いのだ。
 
  丁稚の冗談
  昔は丁稚に行って、三年間ほど、小遣い程度を貰って、使いをしたりしていた、『丁稚のジョウダン』と言われていたが、丁稚は親方の仕事を見て盗んでいた、三年もなると初めての仕事しても十分にできた。
  昔の人は何でも役立て、無駄にしない、今の教育は真の教育ではないのだ。
 
  社会との関連
  この教育で社会と関連性の仕事に就職し、社会に役立つ人間に成長する。
  方向性が決まっているので、精神も安定し、犯罪も起らなくなるのである
  。
大学の使命
  特殊な社会に役に立たつ学問を研究するのだ、
                                                              合掌

2018年8月10日 (金)

格国の大統領と日本の総理

               

  プ-チンは慈悲に溢れているので、人気がある最も非情なのは日本の阿部総理である。
  彼は自民党の票を取るために国民の健康を代償として、農協に今まで禁じられていた、農薬のかかった白米を許可した。票は増えたが
  国民の健康を破壊した、農薬は足を弱め白米は体を冷やし、筋肉に弱める。
  最も重大な国民の健康に何ら関心がない、給食で毎年学生の体力が弱っていることは衆知の通りである、誠に困ったものである。

«仏陀のヨ-ガ