無料ブログはココログ

2019年3月18日 (月)

ふろう長寿は「気力」が作る。
  亀仙流気力養成訓
ふろうは漢字で欠きますと変な信号が出ますので、ひらがなで欠きましたすみません、題名が遅くなって申し訳ありません。
全ての人が気で生きているということを察すると気は年をとりませんから天寿を全うできます。
四月1日に発売します、アマゾンで今でも申し込めます伏してよろしくお願いします。

2019年3月10日 (日)

この本の特徴は

 

  他の本と違って病気を未然に防ぎ、病気にかからない方法をとっている点です。
  病気のメカニズム知っているので、5分間の足の体操で、鍼灸と同じ効果を出すことが出来、病気を治すこ出来ます。
  又、手を当てることで、自然治癒力を助長できます。この2つで生命力も強くする事が出来ます。20分の丹田呼吸に変わり、益々生命力は強くなります。
  完全な食事をとりますと女性は痩せて美しくなります。この本の効果は絶大と思います。小生が勧めた人の体験です。

2019年3月 6日 (水)

今回発売いたしました


    題名不老長寿は「気力」がつくる
    亀仙流気力養成訓

    この二書は今まで誰もが知られなかった、身体のメカニズムを小生が初めて解明し、健康法を完成いたしました。若し、百二十五才つで生きることは不可能ではないのです。

    小生の思考では潜在意識の思考です、食べ物で生きている思考している人と気力で生きていると信じていることの差です。
    気力でいきている人はその行動が気力です。

    食べ物も呼吸も行動も全て生命力を中心に考えています。若し百二十五才まで生きることは不可能でありません。

    若し小生本を買っていただき実行していただけば、小生のような意志の弱い病弱な、健康法として役に立つものと信じます。

    小生は現在九十才ですが、後三十五年ですが、小生は最低百二十五才以上は間違いなく生きます。
    毎日水泳をして、恥ずかしい話ですが、一週間一回はsexに励んでいます。

    人間は本来動物と違って気力を活性化すると老化はないのです、小生が実体験です。
                                                          合掌

2019年1月14日 (月)

本の発売

  内容
  この本の内容は世界で、ただ一人病気の原因を知っている筆者が書いたものです。
  拝読されたら、小生の斬新的な発想に驚かれるでしょう。世界でこのようなことを発見したのは筆者のみです。

  体質と肉体
  この本の効果は病気を治すことではありません、不老長寿はを目的としています、体質や肉体の根本的な改善を目的としています。
  本の内容を実行する結果として、老化から起こる症状は全て消えます。

  不老長寿
  不老長寿は永遠に生きるという意味するものではありません。肉体も没するが、しかし、気力は無くなるだけで、気力がある限り人間は生存します。
  故に長寿であると言うことです。
  その人物がやるべき仕事で持っている限り気力で生きることが出来ます。

  気力
  この文の中には、一般的な通念である食事(栄養学)気力を主として解説しています。

     ◎人間は一二五才以上生きることが出来る

     ◎現代養生訓

  二月に叢文社より発売します。よろしくお願いします。

2018年11月25日 (日)

仮題

   
 

  この本の内容は世界で、ただ一人病気の原因を知っている筆者が書いたものです。                
  この本の効果は病気を治すことではない、老化を防ぐ事であります、体の根本的な改善です。
  本の内容を実行する結果として、老化から起こる症状は全て消えます。
  何故なら、小生の経験から、生まれたもので、東洋医学・西式健康法・鍼灸全ての長所を捉え真の老化も防ぐ、方法を見つけました。

  性力の減退・老眼・禿頭・白髪・耳が遠くなる症状が消えます。
   この書の一部を活用しても、若返り美人になり、宿便が取れて、体力がつく、又、スポ-ツが上手くなる。
  必読し実行する、間違いなく、健康になります。自然治癒力を活用するだけです、即ち、野生の動物が行っている生活を真似るだけです。
  小生の実体験で来年は九〇才ですが、小生の健康法の結果、車の運転・自転車・水泳をして元気溌剌です。

  仮題 一二五才以上で生きるられる。
        現代養生訓の二冊です。

  二月に叢文社より発売します。よろしくお願いします。

2018年11月 5日 (月)

美食家の日本人

                     

      美食家の日本人が主食では、最も不味い白米を食しています、しかも有毒の農薬のかかった米です。
      みなが白米を銀飯といって、戦後に食するようになりました。白米は粕である、全く、水臭く味のない食べ物である。
      美味いところは漬け物にしている、一度7分搗きを食するとその味の良さにびっくりします。
      その上体調も良くなります、ひ弱かった子供もみるみる元気になった。子供の体力の弱くなった原因は、農薬のかかった白米の為に為です。
      男性の乳房が大きくなっているのは、内蔵がめためたにっています。ので女性ホルモンを出し守っています。
      足が弱って人はコンクリ-トの上を歩いていると益々弱り寿命も短くなります。

2018年11月 2日 (金)

人間の性格形成

                     

      吐く息
      人間の性格は五つの呼吸の変化で形成できる、吐く息の強弱、弱く長く吐く息は、心を沈静し、吐く生きが激しいと体温が上がる。性格には無縁である。

      吸う呼吸
      短く弱い時は猫背になり、臆病になり、退却の姿勢である。

      右側の鼻からの呼吸は体温を上げ、闘争心が増す。
      左側の鼻からの呼吸は体温を下げ、心は沈静かする。

      この四つで行為で性格が形成される。

      正道を得るためには両方の鼻で呼吸する必要がある。政治家最も必要なものである。
      政治家は禅を修行しないと駄目である。正道歩きたい人は禅が必要不可欠である。

      全ての人間は呼吸で支配されている。

2018年11月 1日 (木)

太陽と細胞

                         

      太陽と細胞との関係は、太陽はおお親分である、気は次の親分である。
        発し気は子分の呼吸によって、気に因って生成されて、色々の性格が作られる。
        例えば、気後れ、気が進まない、気配り、そこで、色々の性格ができるのだ、それは全て呼吸の作用である。細胞は下の下の子分で、呼吸によって左右されている。

        呼吸の調整
        呼吸の調整は5っっに分かれている、長く深い呼吸、短い浅い呼吸左の鼻からの呼吸、右の鼻から呼吸、両方の鼻から吸う呼吸である。

        長く深い呼吸、心を鎮静化して、リラックスする。
        短い浅い呼吸、興奮し、闘争心が起こる。

        左の鼻からの呼吸、体を冷やす作用をする。
        右の鼻から呼吸、体を温める作用する。

         両方の鼻から吸う呼吸である。正道を得ることが出来るが、禅者の修行している人が求めている。

        残念ながら細胞は何の働きもしていないから病気が治る道理がない

いじめの原因

                     

    生徒同士の競争先生の競争のテストは必要がない、先生(只の人)が生徒( 神童)教えることだ、殆どの人が先生の教えたことは記憶していないが先輩の教えたことは記憶している。

    生徒が先生になると、いじめは絶対に起こらない。西郷隆盛が受けた教育最高だ。

    無駄な学問は止めることだ、本能(正道)と右脳(判断力)を失い、左脳(読み書きソロバン)だけになる、今の政治家が良い例だ。

2018年10月31日 (水)

骨盤の変形と気

    胃が大きくなり、宿便と合体して、約四キロ以上になる、重さが骨盤を下に引き下げて、重みで、背骨がゆがむ、気が乱れ、長年の間に胃の重量で左足を痛める。
    五十才から六十才以上である、この年齢以降は不便な生活を強いられる。

    背骨の変形と気(エネルギ-)
    腰が下がると、それに準じて、背骨が歪むと気も歪む、背骨の変形は内臓を圧迫して、万病が発症する。例えば、腎臓・肝臓・高血圧・ガンである。
    背骨のゆがむ部位で病気は、違ってくる。背骨の変形は気の流れを阻害する。

    首の骨の異常と気(エネルギ-)
    背骨のゆがんだ反作用で、首の骨もゆがみ、気が行かなくなり、老眼・禿頭・白髪等の老化が進行する、又、病気としては蓄膿・中耳炎党である。
    頭から足先まで、気が通らないので、老化する。

«エァコン