無料ブログはココログ

2017年5月19日 (金)

足と均衡

足と均衡
              足の体操と気の充実
              足は均衡のとるための重要な起点で、常に気のバランスを取っている。足を痛めると万病が発症する。足は気の集約点である。
              年齢が高くなると、過食で、胃が重なり、左足に負担がかかり弱くなる。
              左足を強化すると、右足の強さとの均衡が取れ、気が流れる。
              骨盤が正常になり、腰の病気を治すことが出来る。
              一日一度二回この体操をすると、足が強くなり、強化される。
              経絡を刺激するので、全身の健康に影響がある。
              爪先を押しつけた後で、膝を内に回すと、腰痛は瞬時に治る。
              骨盤が正常になり気が通るからである。この時に必ず、腰を引いてすることである。
                       
             
             
              左足のカカトを畳に付けて、爪先を上げる、この足の体操は、アキレス腱を延ばすので、胃と関連があり、胃が縮小する 。
              食前にすると食欲が減退し、正常な食欲になる。
             
              ○注人間は一日一回一度力入れると、筋肉は発達する。

2017年5月15日 (月)

足の 故障

故障の原因
               簡単に言うと、過食である、その原因は無意識な食事・腹がヘって食べるのではない、時間が来たので食べるという、悪習慣誠に餓鬼の世界である。
              その為に胃は拡大し約なる、その重みが腰骨を痛めている。次いで足を痛めているのだ。

2017年5月13日 (土)

気は下部に

       

        全ての気は下に流れいる状態が正常である、虚実から見ると 下が実で上半身は虚である。
        全ての病気の根源は上半身の異常なバランスが足を痛める原因である。
        足の故障治すと間違いなく、上部も正常になるのだ。 

2017年5月12日 (金)

気の働き2

      

        体の面はそのような方法で病気を治療するが、精神面の病気は、吐く息と吸う息で治す。
        長い吐く息をすると、精神が安定する、吐く息が長くないと、精神的に衰弱しする。
        吸う息が多い欲望が高まり、餓鬼と修羅の世界(地獄)になる。今の世界です、食事のことのみを思考している状態で、過食はあらゆる病気の原因である。

2017年5月11日 (木)

気の働き

       

        気は如何なる気は呼吸の作用によって、詰まるところ、吸う息・吐く自分の体と心を守ってる。
        人間は両方のはなから同時に呼吸しているのではない、普通は左右の鼻から交互に呼吸している。
        風邪を引くと、風邪の原因は、過剰な栄養で、体内に血液がなた濃くなり、細菌が発生する。
        すると左の鼻が詰まり、陽の右鼻から呼吸して体温を上げる、細菌は三十六度の体温で生活しているから、それ以上に上がると死滅する。今度は陰の左の鼻から呼吸して、体温を下げ平熱にする。
       
        続く

2017年5月10日 (水)

気の調整

    

      人間は食べもので生きているのではない、タイのココナッツ坊やとその弟子は、椰子の水だけで生きている。
      しかし、動物は首をしめられると、寸時に死亡するのだ、この事実は動物が気で生きていることを証明している。
      如何なるメカニズムによって、気は発生するか、太陽から受けた気は左手から入り、心臓に至り、西洋人はここで止まる、東洋人は気は丹田までいく、西洋人と東洋人は別種種族である。
      根本の理由は、農耕民族と狩猟民族の差である。
      どちらが優れているかというと問題なく、東洋人である。

2017年5月 9日 (火)

不明の現代医学

         

      現代医学は、気というものを知らない、単に目に見える物だけを探求している。
      しかし、日本人は気の重要性を知っていた、故に、病気・活気・精気・気遣い・気力等で、全てのことが気で成り立っていた事を知っていた。
      これは日本人の叡知である、西洋医学は目に見えるものだけ追求した、それは栄養学である。
      その結果過剰栄養で『過ぎたるは、及びがたし』病人が続出ある。続く
      
      気の調整に夜、真の医学とは。

2017年5月 8日 (月)

亀仙人流ヨ-ガの神髄

現代医学とは 西洋医学も誠に不思議なことに、原因が分からないで、治療するのだ、時計でも原因がわからないと、修理が出来ないのは当然である、故に、目に見えてることを、対象としているのだ。 その為に対処療法になる。 対処療法は症状が信号で、それを消すと、原因の不明なって、真の原因が分からなくなる。 今のノ-ベル賞が医学に役だったことはない、真の医学とは真の原因を知って、治療するものである。 世界で真の病気の原因知っている人私以外に知っている人はない。 続く

2017年5月 7日 (日)

実施

 

   文句ばかり垂れていないで、本論に入いる、小生は各県で、肘を日時決めてに各々が総理を推薦者出す。それを役人が票まとめる。
  小生なら、稲森和夫を総理にしたい、その他各県に多数の推薦者がですが、大抵の人が嫌がるが、それを役人が説得する、そして十人程度を選出する。
  その中に間違いなく、責任感のある、総理が選出することだ出来る、目安、禅している人は政治に精通しているベストである。
 
  今の議員は全て、欲に絡んでいるから、反り返り、腹がる出でいる。靴の踵が減っている。
  こういう絶対に推薦してはならない、大学では、信用は出来ない、一芸に秀でている人は歓迎である。
  大臣は農林大臣は農業従事者、その他の大臣も職種に従って選出する良い。
  目付は平の警官から十名程度を選出すると良い、エリ-ト社会の破壊である。
  今の政治家を止めさす為には、国民の大規模なでも必要である。止めた後の政治の空白なんか心配はいらない、役人で十分である。
  今まで真の政治をやってないのだ。
  もっと良い方法があったら、教えてほしい。終わり。

2017年5月 6日 (土)

西洋文明とは

  西洋文明とは、餓鬼と修羅の世界である、常にその世界から出ることはない、そのような馬鹿国に大久保利通・岩倉具視外遊し、西洋の物質文明に憧れ、精神文明を喪失し、日本はメタメタになり、今の世界である。
  もともと西郷隆盛の様な和洋折衷の大人物を放逐し、この馬鹿な彼らの政治は、軍国主義にの方向にいったのである。
 
  憲法は業である、輪廻の世界にあり、脱することは出来ない、西洋文明の末路は近いのである、確実に西洋文明丸はサルガッソに向かっている。真似した日本も同じである。
  世界から、京都にいた人は、その文化かの高さに驚いたのです。日本人は誇りを持つべきである。
  以前の日本人の優秀性は、精神文明を思考し、憧れたのである。それが武士道である、そもそも、アメリカ文化はその歴史は二百五十年しかない、それでは、完全な政治が出来るわけがないのだ、日本の江戸時代の政治を温故知新研究すると良いのだ。
  今のアメリカの政治を真似をした日本どこが間違っているかと、言うと、選挙、議会政治、全て駄目である、選挙等は五十名くらいが一単位となって、互いが知り合っている同士がするもので確かにそれであると間違いなく、よい人が選出することが出来なるのである。
  今の選挙では、全く誰が良いのか理解できないのだ、それで、いい加減な人を選出するのだ。
  議会政治はアホな連中が五百名以上もいて、全く衆愚だ困ったものである。

«